和食教室 花道

肉豆腐

すき焼きとは違う味わいですが、お酒も合う一品。
牛肉の旨味をたっぷりと含ませた焼き豆腐が料理の完成度を高めます!
どこか懐かしい素朴な味わいの肉豆腐のご紹介です。

食材豆知識

豆腐

ダイエットのベストパートナー豆腐。高タンパク・低糖質・低脂質な上、カルシウムも豊富で成長期のお子様にも食べさせたい食材です。脂質の代謝に関わるレシチン、女性ホルモンの作用を高めるイソフラボン等、特異な有効成分を含んでいます。若返りやダイエットを促進させるためにも豆腐は非常に優秀な食材です。
豆腐ができるまでをご紹介します。
大豆を選別・洗浄し、粉砕後、煮ていきます。
これを絞り、液体(豆乳)と個体(おから)に分けます。
豆乳に凝固剤(にがり)を加えることで固まり、四角く成形します。
水の中で切り分けたものを絹ごし豆腐と呼びます。
成形し、加圧して水分を抜いたものを木綿豆腐と呼びます。
その他、加工をされ、油揚げ・がんもどき・凍り豆腐など様々な食材に生まれ変わります。
食卓に豆腐料理を積極的に取り入れ、健康的に過ごしましょう。

美味しい野菜をお探しの方はこちら

 


 

材料 2人前

重量 容量
牛もも 200g -
木綿豆腐 200g -
白滝 50g -
長葱(青みの部分) 50g 1/2本
人参 40g 1/8本
二番出汁 400g 2カップ
砂糖 24g 大さじ2
料理酒 10g 小さじ2
醤油 60g 大さじ5
味醂 60g 大さじ5

 

@木綿豆腐は大きめにカット、白滝は下茹でしておきます。
A人参は花形に抜き、飾り包丁をし、塩茹でしましょう。
塩茹ですることで発色が良くなります。
B長葱の青みの部分は厚めの斜め切りにします。
C二番出汁・料理酒・醤油・味醂・砂糖を合わせ、煮立たせます。
D牛肉を加え、アクをすくいます。
煮立っている所に、牛肉を加えることで、煮汁に臭みが移ることを防止します。
Eアクを取り終わってから、豆腐・白滝を加えます。
F20分程度、弱火で煮ます。
G長葱を加え、火を落とします。
煮物は冷めて行く時に味が染み込みます!
H30分冷まし、花人参を盛り合わせて完成!

page top