和食教室 花道

切り干し大根の炒り煮

今回は炒り煮なので切干大根をよく炒ります!
野菜は炒めることで甘みが増すので、調味料を控えることにもつながります
仕上げにごま油を加えることで味を引き締めることもポイントです♪

食材豆知識

切り干し大根

生の大根と違って天日干しで作られている切り干し大根は、ビタミン類・カルシウム・鉄分・食物繊維を豊富に含んでいます。
近年では機械乾燥が主流なので、天日干しほどの栄養価は期待できません。
しかし、保存性は高く、独特の旨味が凝縮しているので人気の常備菜食材です。
大根を購入して千切りにし、1週間ほど天日に干せば、手作りで簡単に出来ちゃいますよ!

美味しい野菜をお探しの方はこちら

 


 

材料 4人前

重量 容量
切干大根 20g -
人参 20g 1/4本
油揚げ 20g 1/3枚
サラダ油 4g 小さじ1
料理酒 10g 小さじ2
200g 1カップ
だしの素 3g 小さじ1/2
醤油 18g 大さじ1
味醂 18g 大さじ1
胡麻油 4g 小さじ1

@切り干し大根をボールに入れ、流水で洗います。乾物の戻し方動画はこちら
天日干しの切り干し大根の場合は不純物が付いているので、しっかり洗いましょう。
Aたっぷりの水で切り干し大根を30分かけて戻します。
B人参は千切り、油揚げは短冊切りにします。
C熱した鍋にサラダ油をしき、人参・切干大根を炒める。
野菜をしっかりと炒めることで、素材の甘みを引き出す事ができます。
D人参がしんなりしたら、油揚げを加えます。
E料理酒を加え、再度炒めます。
Fアルコールが飛んだら、分量の水を加えます。
G沸騰したら、だしの素を加え、アクを取ります。
H5分ほど煮て、醤油と味醂を加え味を整えます。
I10分ほど中火で煮て、仕上げに胡麻油を加えます。
胡麻油は香りを大切にしたいので、火を消した状態で加えましょう。
J粗熱を取り、ゆっくりと味を染み込ませて完成です!

page top